常用句。たとえば「ありがとう」

「ありがとう」をよく使う人はどんな心理を持っているか?これはすぐにわかる。
多くの人が予想するような「感謝」ではない。
「ありがとう」には【終わらせる】という意味がある。
普段私たちが「ありがとう」というときはどんなときだろう?もちろん何かをしてもらったり助けてもらって、感謝の気持ちを持つときだ。
だが、何かをしてもらっている最中や、助けてもらっているまさにそのときに「ありがとう」とは言わない。
一息ついたときに感謝の気持ちを伝える意味で言うことはあるが、「ありがとう」を使うシチュエーションのほとんどは【物事が終わったとき】だ。

普段、普通にありがとうを使っている分には問題はない。
だがその分量が明らかに多すぎる場合は、心理背景にそれを「言わなければならない理由」がある。
「ありがとう」を多用する人は【物事を終わらせたい】人だ。
それも円満に、誰にも気づかれず、早く物事を終わらせる。
『これ以上の関係は結構です』という心理がある。 なぜこれ以上は結構なのか?は人によって理由が異なる。
人間関係はめんどくさいものだという前提があるからかもしれないし、深く関わると問題が起こるという思い込みがあるからかもしれない。
共通していることは、これは「感謝」を使った逃げであることで、多用するということは必要なときにだけそれを使うのではなく、必要あるときもないときも関係なく「いつも円満に逃げる手段」として使っているということだ。

逃げる理由は人それぞれだ。
表面上の心理では「人に嫌われたくない」「嫌われるとまずい」というものがある。
だから人から去るときに感謝を使う。感謝なら人から否定されることはそうない。
同じ理由で「褒める」を使う場合もある。
相手を褒める話に変えてしまうことで、今していた自分に関わる話を保留にしてしまう。
相手は褒められて嬉しいので、スムーズに内容がすり変わり、お互いが円満に終わることができる。
変えた側はうまく逃げることができる。