松原靖樹  Yasuki Matsubara

構造心理学、4つのポジショニング理論など、実戦で活かすことができる本質的な概念を生み出すことを得意とし、日本を中心とした各国で評価を受けている。既存の概念、体系とは異なる切り口でアーティスティックに展開する先鋭的、先進的な切り口が、特に心理学の破壊的イノベーションとして注目される。この世界における現代美術、現代音楽であるとも評価されている。 日本を拠点にコンサルタントを行う傍ら、制作したセミナーは114本(18年5月現在)を数える。

構造心理学

既存の心理学とは異なる社会科学、自然科学の両面から新しい切り口の「構造心理学」を開発する。人の生体的構造と、社会的構造からどのような個性が備わっているか?によって、心理の持ち方が異なることから体系化し開発。

4つのポジショニング

物事の切り口を能動と受動、全面展開と背面展開の切り口で分け、人の性質のタイプ分け、組織マネジメントの運用、対人コミュニケーションをシンプルに分析できるようにしたツール。そのわかりやすさと効能から、多くの個人、法人に採用されている。